武器

新宿の鳥茂で待ち合わせをしていた。

席に着くと間も無くしてNが現われた。

久しぶりの再会だった。
イコムを退職して8ヶ月ほど経っていた。

彼は新卒一期生、今年で10年になっていた。
その間に新卒の後輩と結婚して子供が生まれた。
奥さんは、産休後の3ヶ月前から仕事に復帰している。

酒を酌み交わし、様々な話しをした中で印象に残ったことがある。
Nはアウトドアのコンテンツを配信する企業に転職した。
今は編集長になっていて、彼の実力を存分に発揮しているようだ。

転職して1年も満たない中で、上司から認められた要因は何か尋ねると、掃除だったという。
イコムで学んだ「徹底した清掃と明るい挨拶」これを実践してきたおかげで、自然と身に付いたことが、誰よりも早く会社に出勤して、徹底した清掃をやる。
シンプルにこれを続けていたら、編集長に任命されたそうだ。

イコム在籍当時のNの上司は今でも語っている。
皆んな、冬にもかかわらず汗びっしょりになって掃除をしている。
Nが模範となり毎日コツコツ続けていた。
これがイコムの文化で他社にも誇れることだと。

それを自ら証明させたNを誇りに思う。
外に旅立ち、イコムで学んだ教訓を生かして、新しい職場で発展している姿は本当に嬉しく思う。
新しい風をもたらし、会社や働く人々に良い影響を与えて更なる進化を遂げて欲しい。

Nも小供が生まれ一家の主人としての責任を感じているようだった。
それは、武器を持つ事で将来を担保することにある。
Nは編集長として成果を出す事で武器を得て、業界での地位を確立して、例え今の会社がなくなっても、どこでも必要とされる実力をつけること。
それが、編集長としてのポジションから可能になったと話していた。

武器を得る事によって、ようやく思う存分楽しんで戦えるような印象を受けた。
武器は更に磨きをかける事で強靭なものになるだろう。

今はお小遣いが月3万円だそうだが、彼なら武器に磨きをかける事で数十倍になるだろう。
長年彼を見てきて確信できる。

そして、調子に乗ってキャバクラで遊んでいると、勇み足で奥さんに叱られて減額されるだろう。
これのいったりきたりは容易に想像できる。

但し、誰かのような完全に土俵を割ってしまう事はないだろう。