いなし

相撲の技のひとつに「いなし」という決まり手がある。
突進してくる相手を急に横にかわして、態勢を崩す技で、タイミング合えばあっという間に勝負がついてしまう。
相手の力を利用して勝つ手段で、ビジネスの世界や日常生活の中でも随所に見かけられる。

長男と寿司屋のカウンターで話しをしていたら、相変わらず彼女がいないらしい。
学生の頃は父親も嫉妬するくらいの彼女を部屋に連れ込んでいたのだが、それ以来さっぱりな感じで、何が要因しているのかヒアリングしてみた。

決定的なのは、攻め手がないことにあり、アクションしていない実態が明らかになった。
つまり、目に止まった女性に声をかけたりしていないのだ。
どんな状況にあるにせよ、こちら側からアクションしない限り絶対に彼女は出来ないと彼に伝えた。

片道切符でニューヨーク入りした次男から連絡があった。
家賃の支払いが現金のようで、カードが使えないから困ったという。
しかし、本当に困っている状況なら何かアクションを起こしているはずだ。
家主に対してもっと交渉することはあるだろうと伝えた。
文字通りこのケースも長男のそれと何ら変わりはない。

一方で、娘姉妹の2人はちとばかり男連中とは違う。
いなしが出来るのだ。
タイプは違うが、2人に共通しているのは仕掛けるのは娘からだという点である。
アクションして彼氏としてモノにしたあと、いなし技を巧みに使いこなしているのが、見なくてもわかる。
いなした後に態勢が崩れた相手をコントロールしているのだ。
兄弟より一枚上手である。

ビジネスでもまったく同じ事が当てはまる。
先ずはアクションはマストで、それから信頼関係を重ねながら、ある程度のスパンでいなし技を駆使しながら交渉していくプロセスを経ないと、中身のある仕事には仕上がらない。

しかし、恋愛やビジネスでも、タイミングを誤っていなし技を使うと、土俵を割ってしまう事がある。

苦い思い出が脳裏をよぎる、、、