表敬訪問

赤坂プリンスホテルがザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町として生まれ変わっていた。
ビルの上層部にはホテル、レストランがあり、中層部はオフィスになっていた。
そのオフィスフロアの殆んどを占めるヤフーを訪問した。

赤坂T-timeをご利用いただき、その目的や要望を直接会って聞きたい思いがあった。
担当者と2人で表敬訪問をした。

18階の受付には多勢の人が集まっていた。
何かのイベントがあるかのような活気溢れる感じに驚いた。
外部の方々がヤフーを訪ねて、打ち合わせをするために集まる人々がこれほどいるとは、その影響力に企業の本質を見るかのようだった。

おまけに、17階のフロアはオープンコラボレーションスペースがあり、個人のコワーキングスペースとして、スタートアップのミーティング、企業のプレゼンスペースとして利用出来るのだ。
しかも無料で。
ヤフーとの取引関係が一切無く、学生から主婦でも受け入れている。
都心部に約400坪の最先端オフィス空間を全て無料開放している。
このスケールと度量に驚愕するしかなかった。

こんな贅沢な空間があるのに、なぜ故T-timeを利用する必要性があるのか、甚だ疑問に思うのは当然だろう。
担当者S氏と面談が始まると直ぐに聞いてみた。

「会社の方針として、社外に出て新鮮な空間で社員が集まってブレストする事が奨励されているんです」
S氏はさらりと言った。

さすがはクリエイティブ集団、こんなにも素敵なオフィスと言えども、慣れてしまう、当たり前の空間になってしまえば、発想も固まってしまうのだろう。

しかし、あえてT-timeを利用する理由がどこにあるのか。
S氏は知恵袋の事業部だったが、他の複数の事業部にも社内口コミで利用いただいている。

それは、以下の順に顧客の要望を満たしていることがわかった。
オシャレ、会議室のような硬さがない、面積と価格が手頃、利便性、カフェの様な雰囲気でもない空間などであった。

T-timeは、新しい発想を育む場所として選んでもらっていた。

その他、選挙向けの取材会社や写真や動画撮影会社の顧客を表敬訪問したが、何も同じ要望を満たしていることがわかった。

まさに、都心部のオシャレな空間として、自然素材を用いた木材が広がる、赤坂T-timeは他にない価値を見出している。

もっと、探求してみようと思う。