マンハッタン

ニューヨークに入って2日目を迎えた。
初日は次男の会社に直行してオブザーバーとして面接に参加した。

半年ぶりに再会した印象は顔がニューヨークになっていた。
それはまるでニックやトムといった感じで、顔が現地化する現象が起こるのだ。
以前、フィリピンで暮らしていた時に現地化したように環境によって顔が変化するのは本当に不思議に思う。

マンハッタンのど真ん中にあるオフィスに日本人女性が面接に来ていた。
ニューヨーク在住18年の彼女はプロジェクトベースで仕事をもつフリーランスだった。
客観的に見ていたが、彼女の得意分野と会社の求める人物像とはギャップがあったようだ。

トップのS氏はニューヨーク生まれのニューヨーク育ちで元バンク・オブ・アメリカでトップ営業マンの経歴を持つ日本人である。

面接が終わり軽くブレストしたあと、S氏御用達の熟成肉のお店ステーキハウス「ROCCO」に行った。
インターンの女性スタッフを含む8名で賑やかに本場のステーキを味わった。
社交の場として重厚感のある雰囲気は、メンバーシップのような威厳を放っていた。
それは、一見さんお断りの世界を体験しているようだった。
ウルフギャング出身のオーナーを紹介してもらい、厨房から熟成肉の冷蔵庫、ワインセラーまで案内してもらい、普段では絶対に見ることの出来ないシーンを覗かせてもらった。
これもS氏同伴ならではの素晴らしい体験をすることが出来た。

その後、マジソンスクエアを間近に見る屋上BARで、真っ赤なダウンを借りてシャンパンで乾杯した。
今回の旅では、長男を同伴していたので彼もマジソンスクエアのエンターテイメントに目を白黒させながら、マンハッタンのダイナミズムに酔っているようだった。

S氏を取り囲む素晴らしいメンバーと一緒に仕事が出来る次男は、この恵まれた環境を生かして成長してもらいたい。