ふりかえり

ふりかえれば、このブログも書き始めてから10年が過ぎた。
毎週コツコツ続けた結果、530回を超えるまでになった。
毎回、ネタを何にしようか考えるのだが、基本的には本当に表現したい内容にしている。
それは、仕事からプライベートまで区別することなく、1週間を振り返った時の旬な出来事を、つまびらかにしている。

過去に一度だけ、あまりにもつまびらか過ぎる内容に、社内の事務方が削除していた事があった。
「早川さん、これはさすがにオープンに出来ない内容だったので削除しました」
こちらはそんな事も露知らず、いつのまにか消えていたので、システムの問題かと勘違いしていた。

会社の代表として、一般的な常識に外れているとか、変わっていると思われている節があるが、仕事に支障を及ぼすまでの内容にはなっていないようだ。

よく人から屈託のない人柄と言われる事がある。
特に悩みなどなく生き生きとしている、晴れやかな様、と解釈する事が出来る。

確かに、くよくよとあまり悩んだりすることはない。
悩むと言えば、ゴルフのラウンドでドライバーショットが曲がってしまうことだろう。

今日もそうだった。
右に行ったり左に行ったりと、まったくショットが定まらないのだ。
もはや、悩みの極致に達しているような表情になっているようだ。
本当に思い通りにならないので、辞めてしまえと毎回思うのだが、いまだ諦めきれずにレッスンに通っている。

そんな様を客観的に見てみると、思ったことをそのまま現実になる事を信じて疑わない、この心理状態になっていない時が、ゴルフのラウンドだと思う。

ショットが思った通りに行かないと、無意識のうちにまたやらかしてしまうとのでは、という心理になって脳から身体に指令が自動的になっているかのようだ。

ふりかえれるとすれば、思ったことをそのまま現実になる事を信じて疑わない、それは、心と身体を一致させること以外に無いのではなかろうか。

ピクピク身体が動いているようでは、いつまでたっても上達はないだろう。