エンターテインメント

大歓声が聞こえてきた。

まさか、こんなに賑わっているとは思いもしなかった。
横浜スタジアムに入ると超満員だった。

プロ野球観戦は実に数十年以来の事で、最近はスポーツニュースでもまったく気に留めていない感じである。

先日のゴルフコンペで優勝した際の賞品にチケットをいただいた。
幹事が横浜スタジアムの年間シートを持っているので、
バックネット裏の席から観戦できる。
試合は横浜ベイスターズvs北海道日本ハムファイターズのセパ交流戦であった。

到着した時にはすでに終盤を迎えていた。
7回の表、ベイスターズが2点をリードしていた。

一際目立っていたのが、ビールの売り子だった。
彼女たちは、汗とビールまみれの蛍光色のユニホームを着て階段を駆け上がっていた。
タンクを背負って千円札の束を指で挟み、ビールを売るべくお客との間合いを測っているようだった。

次もあの子で、と思わせるべくニッコリ笑って見せる。
隣の若い男性はギャバクラで指名するかのように、同じ女の子から次から次へと注文していた。
これもエンターテインメントとしての演出だろう。

しかし、8回表に入ると突然と姿を消した。
1回の表からスタートして7回の裏で手仕舞いするようだ。

試合よりも売り子の方へ注意深く観察していたが、日本ハムが終盤で追いついた。
後ろから大声で怒鳴っているダンナがいた。
かなりの迫力で野次を飛ばしている。
観客の8割は横浜ファン、こちらはハムの方が好きなので同点になり拍手をすると、あちらへどうぞと言わんばかりの圧力、熱狂的な横浜ファンが周りを囲っていた。

こんな風に熱くなれるとは、何て素晴らしいんだろうと感じた。
野球でもサッカーでも観客がエキサイティングになるような、シナジーがあってこそのプロスポーツだろう。

久しぶりに見事なエンターテインメントの世界を体感した。