ベーシックインカム

昨日、コロナの感染について米シンクタンクのレポートが公表された。

そのシナリオでは、新コロナウイルスで死亡する日本人が57万人だと言う。
最善のシナリオでも12万7000人で、世界では最悪6800万人が死亡するそうだ。

個人的にも正しい分析だと思う。
日本は実際の現場が検査機能が働いていないので、これからは増加の一途を辿るようになるのは明らか、それにより生活恐慌、経済恐慌、金融恐慌のトリプル恐慌になるだろう。

これは、世の中が変わるきっかけになる出来事で、マクロに見ると必然だと認識している。
これまでの平穏な生活から一変して、人々の意識が変わる機会になると感じている。

AIの進化と共に想定されていた、ベーシックインカムの導入は、今回のコロナ騒動でいみじくもそのタイミングになると見ている。

普通の人はお手上げになって、失業者の増加に伴い今年から議論が始まり、来年にかけて実現しているのではないだろうか。

ベーシックインカムの導入により、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給される。

これにより、ライフスタイルも働き方も劇的に変化しているだろう。
より自由度が高まり、分離しているようでそれぞれが繋がっている関係になるのではないか。

まさに、歴史的な大転換期を迎えているようだ。
来年の今頃にはまったく違う景色になっているかも知れない。
この難局を乗り切り、数百年に一度のビッグチャンスをものにしたい。