ガジェット

お気に入りのガジェットを入手した。
それは、IAキャディのごとくゴルフをプレイする際に最良のパートナーとして働いてくれるのだ。

注文するとセンサーが送られてくる。
それをクラブ14本に装着して、ARCCOS CADDIEのアプリをダウンロードしてベアリングさせれば完了となる。

ゴルフ場に到着するとGPSが感知してコースが自動的にダウンロードされる。
つまり、日本中のコースはもちろんのこと、世界中の主要コース全てに対応出来ている。

コースを回り始めると、クラブに装着しているセンサーが音に反応して距離と方向をキャッチしてくれる。
従って、スコープを持つことなく残りの距離がアプリに表示されるのだ。
おまけに、GPSで風邪や天気に応じて距離を計算してくれる優れもの。
もはや、知らないコースでもキャディさんなしでプレーしても不安はなし。

更に、プレイを重ねていくと、データの集積を解析してくれて、クラブごとの飛距離や方向などがグラフ表示されるので、癖やミスを次に生かせるようになっている。
これが60ラウンドを超えると、データからAIが音声でキャディのようにサポートしてくれるようになる。
それは、初めて会ったコースのキャディさんではなく、自分の癖やパターンを知り尽くした専属キャディのような存在になる。

このサービスで月9ドルというコスパ良いガジェットで、最初のセンサーが300ドルしないくらいで購入できるので、買い物としては今年最高のコスパを誇るものとなった。

AIの進化によりキャディさんの職が奪われる時代に入っている。