世界基準の拠点

いよいよプロジェクトが本格的に動きだす。
土地の取得が完了して準備は整った。

八ヶ岳を見渡す絶景の場所に世界基準のハビテーション拠点を創る。
これは、クラシックカーのイベント主催者であるラリーニッポン、デザイナー会社との3社のコラボレーションで実現化する。

クラシックカーを保管しながら、高原の爽やかな風を味わい、絶景ラインをクルージングする。
世界基準の設備を整えたクラブハウスやガレージ、本格的なワイナリーを完備し、レストア工場も併設している。
ヘリポートを利用して海外からの富裕層の受け入れ体制も整えている。

この世界基準のハビテーション拠点は、山梨県北杜市に位置している。
場所は非常にわかりやすく、えほん村の隣接地なので、えほん村で検索すると一発でわかる。

このえほん村は山梨県では有名な場所で、関東圏から年間5万人ほどの来場者がある。
このえほん村とも協業して行こうと言う話になっている。

ハビテーションスタイル、文字通り複数の拠点を行き来するライフスタイルは、働き方が変わり、地方を拠点とする時流に入った。

唯一無二のバリューを備えた拠点が2年後に完成する。