先にもらう

フリーランスの人々が窮地に立っている。
コロナの影響を受けていて、前年度に比べると大幅な減収に見舞われているようだ。

おしなべて、何らかの技術を持っている方々が多く、受注を受けて仕事をする形式が一般的なようである。

何人かの体験を聞いてみると、月に30万円の収入を目処にしているようで、今年はそれを大幅に下回るようだ。実家暮らしの場合は何とか凌げるが、家賃を払っている人はよほどの実力がないと困窮するだろう。

また、受注の場合だと支払いサイトが問題になる。
仕事を始めてから納入するまでの期間を加えると、支払いが1ヶ月後だったりする。中にはそれ以上かかる場合もある。

商売は仕事の金額も大切だが、それ以上に大事なのは入金になる時期である。

いかに、先にもらうか、熟慮する必要がある。

ちなみに銀行は、融資に対して金利で儲けているが、融資と同時に先に金利をもらう仕組みになっている。
いや、仕組みというより、そのように決めているだけでそこに交渉の余地はない。
従って、先にもらうことを決めてしまえばいい。

家賃だって前払いが当たり前だが、さらに早くもらうように決めてしまえばいいだけである。
最初の取り決めで、当方ではそうなっていると言いきってしまえばいいだけで、やなら契約しなければ済むこと。

この支払いサイトは資金繰りで圧倒的に有利になる肝で、どんな商売でもなるべく早く先にもらい、支払いはなるべく遅く払う、非常に簡単なことだが最も重要なことである。

最近では、ファクタリングという売掛債権を買い取る会社が増えている。
つまり、何ヶ月後かに入金になるお金をファクタリング会社が代わりに支払ってくれるのだ。

従って、支払いサイトには大きな利益が潜んでいる。

四天王

パキッ、薪が割れて響く音、火のぬくもりを感じて心地よい時間が過ぎていた。

天然村で草刈りを終えた夜の晩餐。
男4人で火を囲みながら酔いしれていた。

採用担当のTが切り出した。
21年度新卒採用の内定者が辞退したとのこと。
その人物が類稀な美女だったという。

美女といえば、社内で誰を連想するかと言う話になった。
4人がすぐに出揃ったところで、四天王の存在が明らかになった。
R子、A子、C子、Y子。
その美貌は圧倒的な人気を誇っている。

翌日になり、ふと気がついた。
肝心な人物が抜けていたのだ。

もはや、4人ではない。
鬼滅の刃、十二鬼月の上弦に例えるとどうなるだろうか。
一人想いを巡らせていた。
S子は上弦の参までには入るだろう。

上弦の壱は誰か、弐は?
R子かC子、うーむ、Y子か。

そして、上弦の陸に入ってくるB子がいる。

いや、もはや十二鬼月に例えることに彼女たちは違和感を覚えるかも知れない。

やはり、四天王の例えがいい。

決算

第26期の決算内容が確定した。

年間を通して売上は2%減少したが、利益は10%増加した内容となった。
コロナの影響において、2月、3月は目標数値を大幅に下回るなど、苦戦を強いられたが何とか、償却前の営業利益で1億2000万円を残すことが出来た。

例年は5月末の申告になるが約2週間遅れて年次報告の数値が確定した。
今月末には決算書が仕上がってくるので、改めて金融機関への報告が出来そうである。

同時に、第27期の第一四半期も終盤を迎えている。
早いもので、コロナに翻弄されている間に第二四半期のスタートも間近に迫っている。

さて、今期の目標はいかに達成できるか、それは新たな働き方で従来との違いをどれだけ出せるかによるだろう。

社員の大半がリモートワークで、営業も週に一度の出社なので、時間の効率は格段に向上している。
それが当たり前だと信じて疑わなかった電車通勤、会社に行くフリをしなくてよくなった。

こんな自由で創作的な働き方が出来る時代に入り、本当に良かったと感じている。
働く場所や時間は自由にプラン出来る。
これで成果が出ないはずはないだろう。
イノベーティブな働き方により、とんでもない結果を出す社員も現れてくるだろう。

上から指示命令を受けてこなす仕事から、自ら創作的に仕事を創り出すならば、素晴らしい成果は約束されるだろう。

一方で、自らの管理を怠ると潮が引くように、あっという間に沖まで流されて、戻るのは困難を極めるだろう。

自由には責任を伴う事を知るからだ。

娘娘

どうにかして欲しい。

末っ子の次女から長文のメッセージが届いた。
彼氏を家に連れてくることに文句を言われたようだ。

彼女にとって祖母はうざい存在になっている。
こちらとしては、上手に調和してもらいたいと願っているのだが、現実は彼女の問題でもあり、それは自分自身に起因するところでもある。

どちらが正しいかでは解決の糸口は掴めないのだが、どう対処すれば良いのか思い悩んでいた。

すると、長女からメッセージが届いた。
どうやら、次女が相談したようで援護射撃のような文脈になっていた。

親の責任として毅然と対応してほしい。
長女は激しく選択を迫ってきた。
まるで昨日のことが夢のように蘇ってきた。

2人でBarカウンターで飲みながら話しをしていた。
最近はおばあちゃんの言ってくる事にいちいち反応しなくなったと言って、感情のコントロールが上手になったなと、頭を撫でてやったのだが。。

1日空けたら、ベイビーベイビーさようなら、のメッセージで締めくくり。

次女と母親の双方から話しをじっくり聞いてみた。
次女は彼氏を家に連れてくる事の何が悪いのか、それを知りたかったようだ。
つまり、納得のいく理由を欲していたのだ。
母親の観点からは、毎回夜に来たと思えば部屋の電気を消して、よろしくベイビーしている様が気に入らないようだ。

では、よろしくベイビーをどうかしないとならないのか、そんなことに基準やルールを設けて解決するとは思えず、家風からして難しいだろう。
それは、長女が如実に物語っている。
大胆にも私の寝室のすぐ脇でよろしくベイビーしていたことがあった。

もはや、価値観の違いを埋めることではなく、お互いに尊重し合いながら調和した愛を育んでいくことしかないだろう。