再会

あるイベント会場へ向かった。
そこは湯島の繁華街から少し奥に入った場所で、ひっそりとした大人の秘密基地のような雰囲気だった。

税理士法人の代表者H氏が主催しているというので、友人から紹介されて著名な人物だとわかった。
すると、すぐ隣に見覚えのある方がいたので、K氏かと尋ねるまでもなく再会に驚いた。

約10年ぶりになるが、K氏がある上場会社の役員をしていたころの仕事仲間であった。
お互い何の繋がりでこのイベントに参加したのか語ってみると、実に人の繋がりの妙味を感じる。

K氏は会社を起こして不動産コンサル業を主体とした組織を作って活躍しているようだ。

昔のヤンチャ話しに花が咲いていると、K氏は今でも銀座のクラブに通っているという。
彼の流儀が実に面白く、ただの女好きかと思っていたが、少々違っていたようだ。

先ずは、老舗の料理屋からスタートするそうだ。
それも知る人ぞ知る名店で、そこがクラブとのつながりがあるようで、馴染みになると自然と動線が引かれるようになるそうだ。

クラブでは、女性との会話もさることながら、店そのものに魅力を感じて通うそうで、ママの器量もあるだろうが、コミニティ全体がそれをさせる何かがあるようだ。
コロナの影響もまったくなく、緊急事態宣言下でも馴染みの旦那衆が何の気なしに200万円をポンと払ってくるそうである。

まさに、店に行こうが行くまいが関係なく、それをしている関係が構築されている。
銀座のクラブの中でもごく限られた店である。

K氏は若い頃からの馴染みなので、勘定は聞いて驚くほど気を使ってくれた金額のようで、お金でころぶような世界ではない関係を構築している。

K氏との再会で新たな価値観に触れてみたくなった。

女性社員

ランチをしながら今後の財務課題について報告を受けていた。

彼女は新卒9年目で小さな命を宿している。
2人目の子供になるため、産休に備えて準備を整えている。
前回も産後に仕事復帰していて、彼女なりの体験を踏まえているようだ。

それとほぼ同時に新卒11年目のSが産後の仕事復帰を迎えている。
彼女も2人目を産んで準備を整えている最中である。
ご主人の転勤で九州長崎からの在宅勤務になる。九州からの在宅6年目になるが、今となってはオンラインが普通になり、Sはその先駆者となっていたようだ。

また、新卒6年目を迎えるYも妊活中で2人目の準備に入っている。
そして、NやIも新婚で妊活中と聞いている。

女子社員たちは、おしなべて仕事ができる逸材が多く、産後に仕事復帰してくれるので、大変ありがたく思っている。

自然とローテーションが上手になされていて、産休に入ると同時に仕事復帰してくるので、とても助かっている。

おもむろに目をつむりながらイメージしてみた。
もしも、自分が女子社員だったらと。

自らのスキルを身につけなければならないだろう。
主人に依存していて、女性問題が起きたらどうなるだろうか。
その逆もあるし、揉めたときには。。

住宅ローンの連帯債務者になっていたら、厄介な問題になってくる。
健康の問題も軽視できない。

もろもろのリスクがあるだけに、しっかりとキャリア形成していくに違いない。

おもむろに目をあけると、違う女性の影を感じた。

パンク

車に乗り込むとパンクのお知らせが表示されていた。
昨日まで何の異常も無かっただけに、誰かの悪戯ではないかと解釈していた。

先ずは、鰻を食べるために目的地まで行かなくてはならなかった。
15分程で着くので強行にそのまま運転した。

鰻を堪能したあと、タイヤを見ると完全に空気がなくなっていた。
テスラに連絡して確かめると、通信データでも空気が全くないので、そのまま走り続けるとパンクの修理が不可能になり、タイヤを交換する必要があると言う。
それは、実際にタイヤを調べてみなくてはわからないのだ。

そこで、タイヤ修理の出張サービスに連絡をした。
1時間ほどで修理担当者がタイヤを外して調べてみると、タイヤの摩耗が激しくてワイヤーが見えていた。
従って、タイヤの交換をする必要がある事がわかった。

修理は出来なかったが、出張料を5000円払ってタイヤ交換のため、テスラへ再び連絡した。
今日は休日になるので、明日の受け付けになると言う。

鰻を食べてから3時間近くバタバタしていた。

今日のところは、車を置いて明日入庫するためにロードサービスを依頼した。

翌日には時間通りにロードサービスの担当者が現れた。
無事に東雲のテスラサービスセンターへ移送してくれて、何とかパンクのバタバタ劇が落ち着いた。

翻ってみると、パンクのサインが出ていた事で備えることが出来た。
また、車を発進する前にそれがわかったことで事なきを得た。
車の走行中にそれが起きていたら大事故に繋がっていた可能性がある。

本当に運が良かった。
今回の関係者の皆さんに感謝する。

新プロジェクト

そこはまるで京都先斗町にいるようだった。
横浜の野毛の繁華街は風情があり、ひいき客で賑わった店が、所狭しと立ち並ぶ通りであった。
その一角の老舗串焼き「だるま」に入った。

友人Yが30年以上通う店で、カウンター8席に座敷4席の小さな店だが、満席3回転の超繁盛店である。
初めて訪れたが熟練の技と素材が抜群で、これほどの店はそうはないと感じるくらいに感激した。

赤星で乾杯して、プロジェクトの構想を話しながら、準備を着々と進めていることにY氏の行動力を感じていた。

Y氏とは同級生で10年近くの付き合いになるが、実績もあり知的能力に加えて、人脈も豊富に活用できる資質の持ち主である。

彼と直接組んでビジネスをするのは初めてになるが、かねてより一緒に何かやりたいと思っていた。

来週よりチームを結成して準備を進め、来年にはローンチする予定である。

話が落ち着いたところで次の店に移動した。

締めはワンタンの専門店「くぬぎ屋」に入った。
ここのワンタンは絶品で、後日宅配で注文したくらいのスペックが高いワンタンだった。

美味いものを知るY氏ならではのセレクトに大満足であった。