流れ

最近になって流れが変わってきたようである。
朝ゴルフ場へ向かう途中の道路が渋滞するようになった。
コロナ前ではなかった車の流れがある。
それは、車の通勤が増えていることに加えて、ゴルフ人口が急速に増加しているようである。

ゴルフ場に行くとそれが如実に現れている。
駐車場に車が溢れていて、来場者の数も以前にはなかったほど増えている。

これは、休日だけではなく平日にも同じ現象が出ていて、アクラアインをスムーズに通過するには6時前でないと渋滞してくる。
また、同じ千葉方面でも宮野木ジャンクションから穴川までも同じ時刻に通過しないと渋滞にはまってしまう。

比較的に渋滞が少ないのは、近距離では横浜方面でほとんど渋滞なくスムーズに行ける。
また、遠距離になるが栃木や茨城方面は行きの渋滞はほぼなく行ける。

ホームコースが千葉県のため、最近は以前に比べて30分ほど早く自宅を出るようにしている。

これほど、ゴルフ人口が増えた背景にはコロナ禍でのライフスタイルの流れが変わってきたことを象徴している。

蜜を避けて外で健康的な運動にもなるゴルフが若年層によって活況を呈している。

女性も増えてきているので、より華やかになり男性も追従してくるという、良い循環になっているようだ。

もう一つの要因として、海外への渡航がなくなっているため、従来海外へ行く人たちが国内のゴルフ場へ流れていることもある。

いずれにせよ、ゴルフは80歳になってもプレイが出来るので、よりストイックに挑戦していきたいとと思っている。

光と影

丸の内の一角にある弁護士事務所を訪ねた。
土曜の午前中からK氏は黙々と仕事をしていた。

オフィスビルの中はほとんど明かりが消えていた。
閑散としている雰囲気はそれだけではなかった。
オフィスフロアの空室が増えていて、スケルトン状態のフロアが拡大しているのも、その雰囲気を助長させていたようだ。

K氏に聞いてみるとコロナの影響で、オフィスの移転、縮小、統合などにより空室率が急激に上昇しているのだ。
都心のオフィスビルは大転換機を迎えている。

打ち合わせが終わって、近所のペニンシュラホテル東京へお茶をしに行った。
12時少し前に入ったが、予約がいっぱいで入れそうになかった。
Y氏が一緒にいたので、顔が効いて何とか一席確保できた。
しばらくすると、席はいっぱいになっていた。
しかも、全て女性たちが占めていて、華やかな衣装でアフタヌーンティーを楽しんでいた。
これが人気となってラウンジカフェは活況を呈していた。

ラグジュアリーな雰囲気の中で女性たちは人生を楽しんでいるのだ。

同じエリアでも光と影が同時に存在している。
コロナ禍にあってもコンテンツやサービスにより圧倒的な差が生じている。

それは、人にも当てはまるようだ。
ペニンシュラに来ている女性たちとエアライン業界にいる女性たちとは、やはり光と影のような象徴的な違いを感じる。

これから始まる大混乱はそれをもっと助長していくだろう。

クラブ選手権

2020年東京クラシッククラブ選手権に出場した。
年に一度のクラブ選手権になるが、今年が初出場となった。
クラブ競技の中では本丸のため、皆んなこの日に標準を合わせて仕上げてくる。
出場資格がハンデ16以下になり、フルバックからハンデなしの27ホールスクラッチの勝負になっている。

独特の緊張感の中で朝7時30分からのスタートになった。
41名の中から16名が予選を通過する事ができる。
微かな希望を抱いて出場をしたが、技術の高いプレーヤーが大勢参加しているので、予選通過は難関であった。

しかし、残念ながら予選落ちしてしまった。
疲労困憊でヘトヘトになってしまったが、あの緊張感がたまらなくいい感じで、素晴らしい体験が出来て本当に良かったと思った。
来年は何とかベスト16入りを果たして、マッチプレーをしてみたい。

競技という世界は皆んな真剣で、楽しくおしゃべりをしながら和やかな雰囲気でプレーするプライベートとは異なり、眉間にシワを寄せながら終始真剣に7時間近く集中してプレーを続けるのだ。

一緒に回った人と比べても役者が一枚上であることを痛感した。
本当に上手でクラブがまるで腕のようにコントロールされて、動きもしなやかさがあって美しい。
あんなプレーをしてみたいと感激したくらい、素晴らしいショットの数々を間近で見ることが出来た。

貴重な体験を通じて人生の幅が広がったようだ。

ガジェット

お気に入りのガジェットを入手した。
それは、IAキャディのごとくゴルフをプレイする際に最良のパートナーとして働いてくれるのだ。

注文するとセンサーが送られてくる。
それをクラブ14本に装着して、ARCCOS CADDIEのアプリをダウンロードしてベアリングさせれば完了となる。

ゴルフ場に到着するとGPSが感知してコースが自動的にダウンロードされる。
つまり、日本中のコースはもちろんのこと、世界中の主要コース全てに対応出来ている。

コースを回り始めると、クラブに装着しているセンサーが音に反応して距離と方向をキャッチしてくれる。
従って、スコープを持つことなく残りの距離がアプリに表示されるのだ。
おまけに、GPSで風邪や天気に応じて距離を計算してくれる優れもの。
もはや、知らないコースでもキャディさんなしでプレーしても不安はなし。

更に、プレイを重ねていくと、データの集積を解析してくれて、クラブごとの飛距離や方向などがグラフ表示されるので、癖やミスを次に生かせるようになっている。
これが60ラウンドを超えると、データからAIが音声でキャディのようにサポートしてくれるようになる。
それは、初めて会ったコースのキャディさんではなく、自分の癖やパターンを知り尽くした専属キャディのような存在になる。

このサービスで月9ドルというコスパ良いガジェットで、最初のセンサーが300ドルしないくらいで購入できるので、買い物としては今年最高のコスパを誇るものとなった。

AIの進化によりキャディさんの職が奪われる時代に入っている。

キラーコンテンツ

小淵沢駅から車で10分ほどで到着した。

プロジェクトチームで八ヶ岳のえほんの村を訪ねた。
土地感がないため、周辺情報の聞き込みをするためだった。

外から見た印象は活動しているのか、わからないくらいひっそりとしていた。
しかし、中に入ってみるとまったく異なる世界が広がっていた。
代表のM氏はとても親切に対応してくれた。
えほんの村の成り立ちから、周辺の情報まで実に詳しく教えてくれた。
素晴らしい人柄で八ヶ岳の魔女と言われているようだ。
村長のご主人も同じく人格者で、2人とも異なる職人芸をを持ち合わせた人物だった。

えほんの村は絵本作家の奥さんと、木の造形作家をご主人が担っている。
これが素晴らしく、その世界ではかなりの方々だと後から知ることになる。

ドイツで学んだあと、八ヶ岳に移住したそうだが、全国で色々な候補地を吟味して決めたそうだ。
決定的な要因は空気が乾燥していて、日照時間は日本一を誇る地の利で、空がカリフォルニアブルーになっている。

えほんの村には年間5万人もの人が訪れていたと聞いて驚愕した。
コロナ渦で来場者が減っていると言うが、子供連れの親子が何組か来ていた。
ご夫婦とスタッフを合わせても3、4名で運営しているからすごい。
絵本のバラエティとエッジの効いた彫刻玩具はまさにキラーコンテンツで、他には変わりが効かない商品を世に出している。

つまり、えほんの村は何をしているのかがハッキリとわかるのだ。
このコンテンツだからこそ、子供たちや大人にドリームワールド感を与えている。

素晴らしい人格者に相応しい世界が広がっていた。